空気の革命機器 イソノクリーン,イソノクリーンS

イソノクリーンでクリーンルーム

【現在のにおい、及び、細菌に関する空調設備機器のありかた】
各、生産加工工場に於いてのニオイ、及び、細菌の問題に付いて、マスコミ関係にも大きく取り上げられているこの頃、
ニオイを大気中に放出するのは限界になっています。

強烈なニオイ (臭気強度5)をエアーで薄めて大気中に放出し、敷地境界線、臭気強度3.5を達成するためには、
現在の排出送風量の30倍の風量で排出しなければならず、消費電力も増大し、風量を30倍にアップすることは
不可能な事と言えます。

食品生産加工工場などに於いての大腸菌(O157)、サルモネラ菌対策などについては、非常に
神経を使っている事と思います、殺菌方法として、エタノールをスプレー装置で工場内に噴霧、オゾンでオゾン殺菌、
次亜塩素消毒、いずれも、安全性に賭け、安心して使用できません。

【イソノクリーンでクリーンルーム】
イソノクリーンで、わずか、0.0001ミクロンの植物性有機成分を放出し、浮遊臭、付着臭を分解消臭し、
浮遊菌、付着菌どを殺菌、液フィルターにより空気中のホコリまで取り除きます。
最も小型で、機種(NT-ISO-03)の電力は1.4kwで約600立方メートルのスペースを対応し、
消費電力を大幅に節約でき、施設、工場内を充実した快適空間にします。

【イソノクリーンS(液)の特徴】

イソノクリーンSは天然植物エキス35種類の天然有機成分を形成させた液で、
安全で安心して使用できます、分解消臭力と殺菌力は類をみず、アルコール類、炭化水素類、
硫黄化合物類、窒素化合物類、アルデヒド類、脂肪酸類、エーテル類、エステル類、アセテート類、
複合臭を対応でき、ニオイの種類は選びません。


【民間試験実施工場】
住所 宮城県気仙沼市    
創業年数 40年 工場内広さ 600立方メートル
生産物

イカ加工(塩辛)

生産量 1日4トン


【ガスの種類:トリメチル・エチルアミン 】【6段階体感試験法 】【 脱臭試験 】
年月日 作業中の臭いの濃度と強度 1時間後 2時間後
H14,8,12 3ppm  臭気強度 5 強烈なにおい 0.2ppm  臭気強度 4 強いにおい 0.005ppm以下 臭気強度 2.5以下 無臭
工場内に付着しているにおいの濃度と強度 1時間後 2時間後
H14,8,13 1ppm  臭気強度 4 強烈なにおい 0.07ppm  臭気強度 3.5 らくに感知できるにおい 0.02ppm以下 臭気強度 3 何の臭いか分かる弱いにおい
工場内でイソノクリーン10時間稼動させ、5日間停止し6日後確認
H14,8,19 0.005ppm以下 臭気強度:2.5以下 体感度:無臭

【原材料:白丸太(イカ)に付着している大腸菌、殺菌試験】【採取方法:スタンプ方式】

年月日 イソノクリーン稼動直前 イソノクリーン稼動2時間後 イソノクリーン稼動4時間後
H14,8,13 6.75×10(3乗) 17×10 60


大腸菌郡 原料:白丸太
8月23日 2時間後 8月24日 4時間後
サンプル1 675 170 200  60
サンプル2     710  
サンプル3     1,555  220

 

イソノクリーンで5題メリット
・空気清浄効果

・空気中、付着している臭いの分解消臭

・浮遊菌、付着している雑菌の滅菌効果が得られます。
・森林浴空間にしきれいな空気おいしい空気が得られます。
・においをなくし森林浴空間にする事によりストレスが緩和され、作業効率が約15%アップします。